栄える川越の商業

川越市の商業は江戸時代から盛んですが、今日も大手の企業の活躍やサツマイモなどの農業で栄えています。 川越市の商業について簡単に紹介します。

 

まずは工業です。 狭山市と1965年(昭和40年)に工場規模を拡大し、川越狭山工業団地ができました。 その後1980年以降富士見工業団地や川越工業団地も増築されて一層産業が賑やかになりました。

 

現在川越にある工業商社インスタントラーメンで有名なエースコック、デンヨー、パイオニア、雪印メグミルク、日清紡績などがあります。 これは地域工場として運営しています。 反対に本田金属技術やちふれ化粧品、大手機器メーカーのハスクバーナ・ゼノアなどは本社工場として運営されています。

 

そして農業といえば1番に挙がるのが、埼玉生まれの紅赤というサツマイモです。 サツマイモ料理のレストランや名物料理・お菓子が沢山あり、他の地域ではけして見られないサツマイモ料理を堪能できるのもこの川越ならではです。 江戸時代からサツマイモは焼いたり、蒸すなどをして食されていました。 現在でも昔からある老舗のサツマイモを使ったお菓子屋さんが沢山あります。

 

他には埼玉県内で生産量1位を誇るカブや、枝豆も有名です。 県内2位のホウレンソウやゴボウ、お米、小麦、大根、ニンジンなど私たちが日常的によく食べる野菜が沢山収穫できる土地なのです。

 

商業は工業や農業だけではなく、クレアモールなどの中にある沢山のお店もその一つです。 クレアモールには現在では珍しくなった屋上に遊園地がある丸広百貨店があり、小売店だけではなくルミネやイトーヨーカドーなどの大きなデパートメントストアーもあります。 商業に富んでいる川越は住む人も訪れる人も楽しませてくれる街なのです。


母子家庭

母子家庭を徹底サポートするお役立ち情報サイトです。
www.bosikatei.info/